スポンサーサイト

  • 2017.10.28 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    こんにちは!

    • 2017.03.17 Friday
    • 17:27

     

    今日は春三月、日差しが暖かかったですね!

    午後、洗濯物を取り入れようと、道路に面した窓を開けたら、

    近所の一年生らしき男の子が歩いて帰って来ました。

    小さい体にランドセル、両手に大荷物。顔は地面を見てます。

    (学年末、大変。家まであと少しで、転んで泣く子も居たなぁ)

     

    声をかけてあげたい気持ちと「よう知らん大人に声かけられた」

    と戸惑わせても悪いな、という両方の気持ちでしばらく見守って

    いたら・・・

     

    男の子 『こんにちは!』 彼が顔を上げあいさつしてくれました。

     

    T 『おかえりっ♪ 重たいな〜、がんばったなぁ!!』

     

    男の子 『うん♪』

     

    たったそれだけの会話でしたが、とてもとても晴れやかな気持ちに

    なりました。

     

     

    思い起こせば、子ども時代。

    母も、祖母達も、「勉強しなさい」は言わなかったけど、

    あいさつ一言にはうるさかった気がします。

    いえ、うるさかったし、こわかった(笑)

     

    友だちが黙って遊びに来たら(わたしの部屋は”離れ”にあり)、

    『その家の大人へのあいさつが無いのはアカン。

     まずは本家に顔出して、あいさつするのが礼儀。

     Sちゃんは、いつもそうしてくれるね〜』

    と、後で、母がわたしにお説教。

    あたり前のことが出来てる子の、実例まで出すのが母流。

     

    はい、わたしはわたしなりに、悪気の無い友だちを

    ”礼儀知らずの子”にしたまま招き続けるのはまずい、と

    頭をひねりました(笑)

     

     

    今、うちの息子が小学5年生。

    かつて鬼に見えた実母に、わたしも近づいて行くのでしょうか!

    でも、まだまだ甘いなぁ〜。

    足りないところは、周りの大人に叱って育ててもらおう。

    (『叱られて、ひねくれるのは無し!』と教えてます・笑)

     

     

    *昔、子どもの友だちが黙って遊びに来た時には、

     『おまえは盗人(ぬすっと)か〜!!』と叱り飛ばした、

     という人も知ってます。

     教え方は色々ですが、母の言葉は、子に孫に、確実に

     受け継がれますね(笑)

     あ〜、こわいこわい(爆)

     

     

     

     

     

     

    真冬の行事あれこれ。

    • 2017.02.12 Sunday
    • 10:36

     

    今週末の寒波、和歌山・海南・有田の海際には

    雪の影響もなく、通常通り出向指導や教室開催が

    でき、ほっとしています。

    遠くの皆さまの所は大丈夫でしょうか?

     

    昨日土曜は親戚法事、今日は息子(小5)日曜参観と

    真冬は真冬なりの私的行事でぱたぱたする事務局スタッフT。

    この、毎年の日曜参観の朝、感覚が妙に狂います(笑)

     

    授業は一日あるけど給食ないから弁当必要、寒いから

    保温容器にご飯を詰めて・・・などシュミレーション

    と、前夜におかずの下ごしらえはバッチリなのですが。

     

    朝目覚めたら、はい、起きたい時間をとうに過ぎてます!

    週末はゆっくり起床するクセが抜けない(笑)

    が、前夜の自分に『ありがとう、助かった〜!』と

    弁当つめつめ&朝食準備。

     

    そうこうしてると、息子が起きて来て登校準備。

    夫(りょうセンセイ)も起きて来て、台所を覗き込み

    『あれっ?!早いな。あ、そうか、弁当か。』

    土日は、好きに朝食を食べて、一人の時間を満喫する

    夫も、なんだか感覚が妙な模様。

     

    まぁ、そこは気にせずに(笑)、弁当のおかず多めに

    作った分も食卓に出したら、あらま朝から豪華〜(爆)

    3人そろって食べて、食器洗いはいつもの流れで夫担当。

    心で、今度はわたしが『あれっ?!洗い物、めちゃ多い

    わ、すみません』と思いつつ、洗濯物を干しに2階へ。

     

    しばらくして、息子を送り出すため、手を止めて階下へ。

    そしてまた2階へ続きを済ませに行き、ほっとしながら

    階下へ。

    食卓はすでに片付き、夫がコーヒー飲んでました。

    この時点で、わたしの頭は『平日の朝』になっていて、

    でも『あっ!和歌山の教室へもう行かなアカンのやね。』

    『そやで!だからちょっと今、ゆっくりコーヒーくらい

    飲ましてよ。』

    あはははは・・・(汗)で、『行ってらっしゃーい♪』

     

    洗濯物第二弾、1階の物干しへ。

    外にご近所の車がたくさん停まっているのを見て、

    『あぁ、そうだった、今日は日曜日』とまた改めて思う

    のでした。

     

    オムライス弁当のはずが、寝坊してチキンライス弁当に

    なった年もあったなぁ・・・。

    普段の給食に感謝、感謝!!

     

    さてさて。参観は午後から。

    確定申告の書類、そろそろ仕上げにかかろかな♪

    以上、弁当も書類も、一気にはできない事務局スタッフTの

    ひとりごとでした。

     

    寒さ厳しい折、お体や、雪の中の移動にはお気をつけて!!

     

     

    ウニちゃん、ブログ更新する。

    • 2016.07.28 Thursday
    • 08:56

     

    おはようございます!

    暑さ厳しいですが、お体お変わりないですか?

    湯浅町のわが家、みかん畑からセミの大合唱が

    響いて来ます。

     

    7/30(土)和太鼓ライブ三つ巴を目前に控え、

    関係者それぞれ準備に余念がない中、

    出演者の一人”芸能表現師”久高徹也 氏のブログが

    半年ぶりに更新されましたっ。

    しかも、愛猫ウニちゃんの手を借りて・・・(笑)

     

    芸能表現師 久高徹也ブログ

    http://geino-hyogen.jugem.jp/

     

     

    映画

    • 2016.02.17 Wednesday
    • 18:54

    季節の変わり目ですが、お身体お変わりありませんか?
    わたしは、真冬〜春先の気温アップダウンについていけない
    ことがよくあります!
    で、この時期、時間に余裕あるのがかえってよろしくなく、
    不調を抱えて家にこもってしまうと、気持ちまで沈むので
    今年は早めに病院へGO。
    血行を良くするなどの漢方薬をもらって来ました〜♪
    (病は気からと言いますが、もうこの時点で快方に向かう
    めでたい事務局スタッフT・笑)

    さて、時間があるなら、本を読んだり映画を見たりしたい
    ですね♪(⇐身体を動かすことが苦手)
    先日、レンタルDVDでアメリカ映画 『シェフ』 と日本映画
    『深夜食堂』 という作品を見ました。
    『どっちも食べる話やな・・・』 と夫(りょうセンセイ)
    に言われながら(笑)
    どちらも、夫婦で見るには、楽しく面白かったです!!

    「夫婦で見るには」の理由ですが、もともと、好きな映画
    の趣味がぜんぜん(和歌山弁では、でんでん)合わないん
    です(笑)
    なので、余り偏り過ぎずに、双方が楽しめる映画をチョイス
    するクセがつきました(わたしにだけ?)。
    今度は、一人で楽しむDVDや本も借りて来よ〜。

    皆さまも、お好きな趣味で(やっぱり太鼓でしょうか?)
    気分をリフレッシュして、お身体大切にお過ごしください♪

    年末!

    • 2015.12.16 Wednesday
    • 14:44

    早いもので、今年も残すところあとわずか。
    ここ湯浅は妙に暖かい日が多く、おかしな感じです。


    昨年、息子(小4)の学校の校長先生通信に
    『12月になり、職員には、身辺の整理をするよう
    こども達にも伝えてと話しています』とありました。

    それを読み、はっとしました!
    昔、実家では、年末が近づき家や仕事場の整理・そうじ
    が始まると、今は亡き祖母が、子どものわたしに
    『身の回り、いっぺん片付けてみな!
    ほいて、(=そして、ほんで、の意)友達に借りたまま
    の物出て来たら、今年の内にきちっと返さなあかんで!!』
    と言うたものです。

    今、わたしは、わが子にそれを伝えているだろうか。
    きっと、大事なことやのに伝え切れてないから
    わざわざ校長先生が教えてくれてるんやなぁ・・、反省。

    ちなみに、実家の年末の大掃除仕上げは、今も昔も
    貨物トラックや乗用車を皆で洗って、建物内に納めて終了。
    車達もよう働いてくれてありがとう、お疲れさん!てこと
    でしょうか。

    で、今年12月。
    息子(散らかし放題)に、身の回りの整理を促すとともに、
    家族でお世話になった方へのお礼は、一緒に準備することに♪
    『お礼伝える手紙書くときに、力を出し惜しみしたら
    あかんで!!』と、前もって息子に釘刺したら、予想外に
    出来栄えよくて感心(⇐親ばか・笑)
    釘の刺しようで、夏休みの作文とかも本腰入れて書いたり
    するんやろか・・(笑)


    今夜あたりから、寒くなりそうです。
    皆さま、年末まであと少し!
    お身体大切に、気忙しい季節を乗りきってくださいね☆
     

    声を合わせて。

    • 2015.11.07 Saturday
    • 18:35

    今朝、食卓で。

    息子(小4)
    『あのね、音楽のI先生に前、
    お母さん、PTAコーラス出てくれへんかな〜?
    聞かれた。で、たぶん行かないと思う、言うといた。』

    事務局スタッフT
    『ええ〜っ?おかーさん、実は前からやってみたいな〜
    思てたけど、ちょうど音楽会の時期はみかん畑の手伝いが
    忙しくて、残念やけど無理やなぁ・・・って。
    行かないと思う、て言うたんかぁ。』

    息子 『行けないと思う、て言えばよかった、ね。』

    T 『そやね。I先生に、ちゃんと事情言うといてよ〜。
      ほんで、ありがとうも言うといてっ!!(怒)』

    息子 『はい・・・。』



    午後、りょうセンセイ実家の法要で。

    お坊さん
    『皆さんもだいぶ慣れて来はったようで(笑)
    声を合わせてお経を唱えると、なんだか
    不思議と心が落ち着きますね』

    親族H
    『まだ慣れてはいませんが(笑)
    それはそうと、薬指の指輪。結婚しはったん??』

    お坊さん 『あ、実はそうなんです。新婚です(笑)』

    親族一同 『おめでとうございます〜〜!!』

    〜〜 しばし新婚生活について質疑応答タイム 〜〜

    親族M 『幸せオーラ出てる〜♪』

    親族M&T 声を合わせて 『もらっとこ、もらっとこ!!』

    一同 『あはははは〜っ』


    皆それぞれ違いはあっても、ふだん離れていても、
    声(息)を合わせて何か一つのことに取り組むって
    いいものですね。
    和太鼓のグループ演奏にも通じることだと感じました♪

    巣立ち

    • 2015.06.05 Friday
    • 15:39

    昨日とは一転、今日は肌寒い雨ですね。

    わが家の軒先で生まれた今年のつばめさん達は、
    とても早くにあっけなく巣立って行きました!!
    まだ産毛の残るひな鳥が数匹、巣の周りで羽を
    バタつかせているのを見たのが、昨日の朝7時半。
    で、その半時間後には、巣がからっぽに!
    『まだ巣立つには早いし、梅雨始まったし
     夜には戻っておいで〜』
    と心の中で言うたのですが(笑)、戻って来ず!!

    えー、ただ今『入居つばめさん募集中』(笑)
    ちなみに、嶋本さんちの巣は、狭いです!
    入居の際は、改修・増築をおすすめ。
    数日泊まって去っていくカップルも、たまに居ます(実話)
    ま、つばめが寄りつくような家になっただけでも、良し
    としますか♪

    皆さま、お風邪など召されませんように!

    心がけ。

    • 2015.04.07 Tuesday
    • 22:03

    新年度がスタートしましたね♪
    こどもの頃から季節の変わり目、特に春先が
    苦手だったわたしですが、今年は体の不調も
    なく4月を迎えました!(気づいたの、今朝)

    明日は始業式、新4年生になる息子。
    お風呂で『ああ、きんちょーするっ!!』と
    毎春お約束のセリフがついに出ました(笑)
    ただ、これまでと違っていたのは
    『笑顔を心がけよー♪』と付け足したこと。
    おーー、そやね!そしたら、会った友達も
    つられて笑うわな。ええと思うよ、その心がけ。

    ちなみに、わたし、実弟(35歳)と久々一緒に
    仕事をする機会が昨年あり、始終笑っている彼に
    (なに、この子?!ちゅうか、ええおっさんか・・)
    と不思議に思いましたが。
    そうでした!わたし達きょうだい幼い頃から、
    家の大人はたいがい笑って話していました。
    なので、大したことない報告も、面白話に仕立てて
    しまうクセが。(今では弟のお嫁さんもそんな感じ)
    でも数年前『おまえらは、家のおじいちゃん
    おばあちゃんに おちょくられながら育ったようなもんや』
    と親類に言われた時にはショックでした(笑)
    いたって真面目に(?)大切にしてもらったとばかり
    思っていたので!!

    育ちが そんなんですので、人から見たらわたしも
    ちょっとおかしいのかも知れません(笑)
    でも、にこにこしてたら、何事もええよに回る気が
    するんですよ♪
    息子よ、明日はがんばれ(笑)

    どっきり旅企画

    • 2015.03.20 Friday
    • 10:04

    普段は和歌山県を拠点に和太鼓奏者・指導者として
    活動しているりょうセンセイ。
    県外・海外への遠征も、たまにあるのですが
    過去には 『旅先どっきり』 に遭遇した思い出も
    あるようです!!(企画は、マネージャー兼 妻)

    一度目は、5〜6年前 「神恩感謝 日本太鼓祭り」
    伊勢おかげ横丁・太鼓櫓(やぐら)にて。
    当時 疾風打太鼓(しっぷううちだいこ)に在籍して
    いたりょうセンセイ。⇐鬼リーダー(笑)
    さぁ、今から威勢よく演奏開始!!という時に、
    客席を見たら、留守番しているはずの妻と息子(3歳)
    がいて、びっくり☆
    妻子の両脇では、太鼓仲間達が 『りょうさーん!』
    と、にこやかに手をフリフリしてましたっけ。
    鬼リーダーの動揺は、周囲にバレていなかった・・・
    と思います(爆)
    演奏終了後、りょうセンセイ開口一番
    『どやって来たん?!誰と来たん?!』
    たかみ 『朝から二人で電車乗って来たけど♪ なんで?』
    りょう 『・・・・・・』
    その後、妻子はおかげ横丁を楽しく散策して再び電車で
    帰路につきましたとさ。

    二度目は昨年6月、長野県で開催された 「岡谷太鼓まつり
    世界和太鼓一人打ちコンテスト」 グランドチャンピオン選。
    『これを最後に大太鼓コンテストは卒業』 とりょうセンセイ
    が言ってたので、内緒で応援に会場に駆けつけよう!と
    思っていたのですが・・・
    当日、ホテルの朝食会場でバッタリ顔を合わせてしまい、
    ちょっと早めのどっきりになってしまいました(笑)

    りょう 『?!?!?!』⇐朝食トレー持って列に並んだまま固まる
    たかみ 『おはよう〜♪』
    りょう 『お、おはよう。なんで、ここに居るんやっ?!』
    たかみ 『奥のテーブルに、席取っといたから!』
    りょう 『・・・・・・』⇐早朝ですし、他のお客さまも居ますし

    テーブルで先に食べていた息子(小3)は
    『え?おとーさんにバレたん? じゃ、何て言うたらええん?』
    たかみ 『おはよう、でええんちゃう?(笑) あ、来た来た!』
    息子 『おはよう。』
    りょう 『ぶっ。おはよう!びっくりしたで〜(笑)』

    その後、グランドチャンピオン選会場へ一台の車で
    家族そろって向かいました。
    GC選の前に開催された、一人打ち本選では
    良きライバル 久高 徹也さん が初の最優秀賞に輝く瞬間を
    見ることが出来、何だかお得などっきり旅となりました!!
    GC選では、嶋本 龍・久高徹也どちらもチャンピオンに
    なれず、で残念でしたが。
    りょう 『お前ら、帰りの新幹線の切符は買ってないよな?』
    たかみ 『ないです!(笑)』
    はい、いつものライトバンで3人一緒に帰りました!

    三度目は、今年の8月、ワークショップ指導先の香港に
    突然妻子が現れる!が出来たら面白いのですが(笑)
    内緒で準備するには無理があるし、やめとこう・・・と
    一人わくわく&がっかりしていたら。
    【りょうセンセイWS終了後、妻子が香港到着、その後
    家族で滞在☆】という素晴らしい計画を
    香港和太鼓集団 「O・daiko」 所属のS子さんが
    立ててくれました!!
    わたしの企み、香港まで聞こえたんかなぁ〜?(笑)

    *用意周到かつ無謀などっきり旅企画、よい奥さま方は
     真似をしてはいけません。

    『借りたら返す』

    • 2015.02.27 Friday
    • 09:35

    昨日は雨で、洗濯物乾燥にコインランドリーへ!
    (遠縁の親戚経営)
    夜は無人営業、テレビ雑誌完備。
    いつも、待ち時間は電話やメール連絡に充てる
    のですが。
    昨夜は、壁に貼ってある 永 六輔(えいろくすけ)
    さんの詩を改めて読みました。

    『借りたら返す』   永 六輔
    生きているということは
    誰かに借りをつくること
    生きているということは
    その借りを返していくこと
    誰かに借りたら
    誰かに返そう
    誰かにそうしてもらったように
    誰かにそうしてあげよう


    今から10年以上前の話。
    いい歳(25歳)になって安定した職にもつかず、
    宙ぶらりんのまま都会から田舎に戻ってきたわたし。
    やっとこさ車の免許を取り、資格取得の学校に通い
    ・・・まるで高校卒業したての頃からをやり直す日々
    でした。

    そんなわたしに、祖母(大正生まれ)が
    何でもない口ぶりで
    『一人で大きくなったと思たらあかんで。
    いつでも周りの人に感謝して生きなさい』と。
    そうやなぁ、ほんまにそうやなぁ。

    その後、縁あって結婚、子どもにも恵まれ・・・
    最近ようやく、買物や通院の付き添いなど
    祖父母にも わずかな恩返しが出来るように
    なったつもりの わたし38歳(めっちゃええ歳)。

    先日、便利そうな小物を見つけ
    『おばーちゃん、これあげる♪かばんに付けて
    あげよか?』と祖母に差し出すと
    『せっかく稼いだお金を、こんなもんに使わんときな!
    付けるくらい自分で出来る!!』と叱られました(笑)
    はーー。いつまでたっても、かないません。
    出来るのは、祖父母や両親の教えをわが子にも
    伝えること、くらいかな。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM