『借りたら返す』

  • 2015.02.27 Friday
  • 09:35

昨日は雨で、洗濯物乾燥にコインランドリーへ!
(遠縁の親戚経営)
夜は無人営業、テレビ雑誌完備。
いつも、待ち時間は電話やメール連絡に充てる
のですが。
昨夜は、壁に貼ってある 永 六輔(えいろくすけ)
さんの詩を改めて読みました。

『借りたら返す』   永 六輔
生きているということは
誰かに借りをつくること
生きているということは
その借りを返していくこと
誰かに借りたら
誰かに返そう
誰かにそうしてもらったように
誰かにそうしてあげよう


今から10年以上前の話。
いい歳(25歳)になって安定した職にもつかず、
宙ぶらりんのまま都会から田舎に戻ってきたわたし。
やっとこさ車の免許を取り、資格取得の学校に通い
・・・まるで高校卒業したての頃からをやり直す日々
でした。

そんなわたしに、祖母(大正生まれ)が
何でもない口ぶりで
『一人で大きくなったと思たらあかんで。
いつでも周りの人に感謝して生きなさい』と。
そうやなぁ、ほんまにそうやなぁ。

その後、縁あって結婚、子どもにも恵まれ・・・
最近ようやく、買物や通院の付き添いなど
祖父母にも わずかな恩返しが出来るように
なったつもりの わたし38歳(めっちゃええ歳)。

先日、便利そうな小物を見つけ
『おばーちゃん、これあげる♪かばんに付けて
あげよか?』と祖母に差し出すと
『せっかく稼いだお金を、こんなもんに使わんときな!
付けるくらい自分で出来る!!』と叱られました(笑)
はーー。いつまでたっても、かないません。
出来るのは、祖父母や両親の教えをわが子にも
伝えること、くらいかな。

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • 09:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM